日記

DIARY

こんにちは(o^□^o)ノ秋晴れのさわやかお天気の宮崎市です。

さて私事なのですが、昨日、免許更新に一ッ葉の宮崎免許センタ―に行ってまいりました。
建物が新しくなってから初めてだったのですが、以前よりもスムーズに更新手続きが出来ましてあっという間に更新講習のお部屋まで通されましたヾ(≧▽≦)ノ

この更新講習では新しく改正された内容や交通安全に注意すべきことなどのお話しがあるのですが、この中で先日、日本損害保険協会が発表した「危ない交差点ランキング」について話があったのですが、このランキングは事故件数の多い順に全国ワーストランキングが発表されるそうでして、実はこの中に宮崎市の交差点が含まれておりました。

まず全国ワースト5ですが、1位が福岡市・新二又瀬橋交差点、宮崎市・江平五差路交差点、3位が東京都・熊野町交差点、4位が大阪市・西本町交差点、5位が札幌市・国道5号新川通交差点となっておりました。
この日本損害保険協会のサイトでは個別に危険な交差点を見ることが出来るのですが、宮崎県に絞ってみると、1位・江平五差路交差点、2位・新名爪交差点、3位・デパート前交差点、4位・南花ヶ島交差点、5位・宮崎市役所前交差点となっておりました。

いずれも、事故などがあった際に新聞やテレビでよく聞く交差点名なのですが、特に多いのが追突事故、次に左折事故が多いそうです。講習担当の方のお話しでは、宮崎は特に「漫然運転」が多く、全国からも運転マナーが悪いといわれているそうです。

秋は特に交通事故が増える季節とも言われます。事故発生時間帯は16時~18時が最も多く、理由としては帰宅時間帯にあたり交通量や人の出入りが多くなる事と、日が沈んで暗くなる頃の為だそうです。
いわゆる「魔の時間帯」でして、夏は日没から約2時間かけて、ゆっくりと夜になりますが、秋は日没後約1時間半で夜を迎えます。急激に暗くなる秋は特に注意が必要なわけです!!

運転する側も、常に歩行者や二輪車などの走行に注意し、わき見やスマートフォン操作などのながら運転をしないように気をつけると同時に、歩行者などは暗くなる時間帯の外出は、明るめの色の服装にしたり、反射材を着用するなど遠くからも存在を認識してもらえるように工夫する事も大切です。

お互いがお互いを思いやることが交通安全への第一歩かもしれませんね(*^-^*)
それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2018/10/19   投稿者:永冨 和香子

爽やかな秋晴れの宮崎市よりアンティの永冨です(*ノωノ)コンニチワ

最近はだいぶ朝夕が冷え込んで寒く感じることが増えましたよね。
我が家でもようやく毛布がお目見えしました(;^ω^)
テレビでも、この冷え込みや好天により山間地や盆地地域では「雲海」が見られたという話題にも触れておりました。宮崎ですと、高千穂町の国見ヶ丘や都城市の金御岳、えびの市のループ橋などが有名です。

そしてこれからのお楽しみが「紅葉」です。
紅葉については以前にもご紹介いたしておりますが、紅葉の条件として「日当たり・寒暖差・湿度」が揃うことで美しい紅葉を見ることができるといわれます。
一般的には最低気温が8℃より下がると紅葉が始まり、5~6℃になると色づきがいっきに進むとされ、昼間と夜間の気温差が15℃あると美しい紅葉を見ることが出来るそうです。

春の桜前線と同じように紅葉前線というものもあり、春は南から北に、秋は北から南にと進みます。
移動の速度は桜の時で時速2㎞程度、人がゆっくり歩いた時の速度、秋の紅葉は時速1.1㎞程度、1日で約27㎞の移動だそうです。

これから一段と寒暖差が大きくなりますので、紅葉の話題も増えることと思いますが、宮崎県下であれば高千穂町の高千穂峡や日之影町の見立渓谷、えびの市のえびの高原などが代表的な紅葉の名所です。また宮崎市内ですと、平和台公園や加江田渓谷などもおススメです。

宮崎では例年10月下旬ごろから場所にはよりますが11月中旬ごろまで紅葉を楽しめますので、ドライブやハイキングをかねてお出かけになってみてはいかがでしょうか?

さて明日18日は木曜日の為、弊社、定休日となっておりますのでよろしくお願い致します。
また、今週末日曜日21日には弊社近くに建築中の新築「ラフィーナパレス宮崎」のミニモデル見学会を行いますヾ(≧▽≦)ノ時間は午前10時から午後5時(17時)まで、現場にスタッフが常駐しますので、現地にご来場ください!!

それでは(*´ω`*)ノシ

投稿日:2018/10/17   投稿者:永冨 和香子

ご無沙汰しておりました。
アンティの永冨です。

さてここ数日、南国宮崎もググッと冷え込んだりしておりますが、北海道では9月20日に初冠雪となった旭岳に続き、利尻山で初冠雪を観測したと発表が週明けにありました。
全国各地、これから秋が一段と深まり紅葉の話題も多く聞かれるようになるんでしょうね(*^-^*)

そんな秋は「睡眠習慣」を改善するにピッタリの時期なんだそうです。
夏は日没後もさほど気温が下がらず、朝からは既に暑い・・・というわけで、多くの方が睡眠不足になりがちです。そんな夏に乱れた睡眠週間をリセットせずに過ごすと、秋バテを引き起こしてしまう原因ともなります。
夏の疲れを引きずらない為にも、秋に睡眠習慣を見直す事が大切なんだそうです。

ではなぜ秋がいいのか?というと・・・
「夜が長い」「環境の変化が少ない」「運動が始めやすい」
というのが挙げられます。

先ず「夜が長い」ですが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌は、光によって調節されるそうです。
秋は日没が早く、夜の時間が長くなるため、夏よりもメラトニンの分泌が促進されます。秋の夜長についつい夜更かししがちではありますが、あえて早く眠ることを心がけると、自然な質のよい睡眠をとることが出来るそうです。

次に「環境の変化が少ない」ですが、似たような「春」ではダメなのか?
確かに気候の似ている「春」ですが、春は環境の変化が起きやすい季節の為、精神的にも負担がかかりやすいので、この時期の睡眠習慣の改善は難しいとされます。

最後に「運動が始めやすい」ですが、日中も過ごしやすく、就寝時の気温や湿度も安定しているのが秋です。夏に運動を始める方は少ないと思いますが、今の時期であれば運動やスポーツを始めやすいので、体を動かして質のよい睡眠につなげましょう。

秋という季節を活かして、睡眠をはじめ生活習慣をみなしてみるのもいいかもしれませんね。
それでは(*^-^*)ノシ

※ウェザーニューズより抜粋して紹介いたしました。

投稿日:2018/10/16   投稿者:永冨 和香子

爽やかな秋風薫る本日、いかがお過ごしでしょうか?
こんにちはヾ(≧▽≦)ノアンティの永冨でございます。

風は爽やかですが、日差しの強さが夏に戻ったかのように暑さを感じております。
そんな本日は二十四節気の一つ「寒露(かんろ)」です。
寒露を迎えるころ、夜が長くなり露がつめたく感じられる頃です。朝晩の冷え込みはきつくなりますが、空気が澄み秋晴れの過ごしやすい日が多くなります。
また夜には月や星を眺める絶好のシーズンとなり、10月13日頃には中秋の名月(十五夜)に次に美しいといわれる「十三夜」が見られます。

季節の変わり目でもありますので、夏物から秋冬物への衣替えをされる方も多いのではないでしょうか?
因みに「十三夜」は別名を豆名月・栗名月とも呼ばれることから、この時期に収穫される豆や栗をお供えするところもあるようです。

そしてタイトルにもあります通り、本日は「体育の日」でもあります。
1964(昭和39)年の東京オリンピックの開会式が行われた10月10日を1966(昭和41)年より国民の祝日としておりましたが、2000年祝日法改正などによりハッピーマンデー法が施行され第2月曜日となった為、今年は本日10月8日が体育の日というわけです。
趣旨として「スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかうこと」とし、実際に何かしらのスポーツにチャレンジして心も体も健康になりましょう!とい事の様です。この体育の日ですが、56年ぶりに東京で開催される2020オリンピックから7月24日に変更、名称も「スポーツの日」と改められることが決まっております。

体育の日の頃にはモータースポーツの最高峰であるフォーミュラ1の日本グランプリや三大大学駅伝の開幕戦・出雲全日本大学選抜駅伝が開催されます。

スポーツにちなんで、昨日7日に行われたフィギュアスケートの話題から。
ニュース等ですでにご存じの方も多いと思いますが、今年の7月に4年ぶりに現役復帰を宣言したバンクーバー五輪銅メダリストの高橋大輔選手が、フィギュアスケート近畿選手権のショートプログラムで77.28点で首位発進となったことが紹介されておりました。本日8日にフリーが予定されており、順位が気になるところでもあります。

髙橋選手は12月に行われる全日本選手権に出場することを目標としているそうで、今回の近畿選手権、来月の西日本選手権を勝ち抜くことでその出場権を得ることが出来るようです。
是非とも頑張っていただきたいですねヾ(≧▽≦)ノ

さて、日ごろの運動不足を解消すべく、季節が穏やかになるこれからウォーキングを初めて見ようかなぁ・・・と思っている永冨でした。
それでは(*´ω`*)ノシ

投稿日:2018/10/08   投稿者:永冨 和香子

こんにちは。
先週末の台風24号、久々に宮崎でも大きな被害が出ております。
被害に遭われました皆様に心より御見舞い申し上げます。

地域によりましては未だに停電や断水が続いている所もあるようです。
また土砂崩れなどにより通行止めや片側通行となって通常よりも時間がかかる場合もあるようですので、十分にお気を付け下さいね。

また先週発生した台風25号の動きも今後注意が必要なようです。
現在、フィリピンの東にあり、毎時15㎞の速さで西北西に進んでいます。中心気圧が915hpa、猛烈な強さの台風へと成長しております。今後の予想では北西に進路を変えつつ、5日には先島諸島近海へ、6日には東シナ海、7日には対馬近海に進むとされており、好天が続くのも明日頃まで。この25号の影響が日本に停滞する秋雨前線を活発化させるため、西日本では4日頃から、東日本では週末にかけて雨足が強まるようです。
台風の進路も変わる可能性もありますし、24号よりも勢力が強いようですので、最新の気象情報を確認して災害に備えましょうね(; ・`д・´)b

さて24号の通過後、朝夕が一段と涼しく、むしろ肌寒く感じるようになりました。
和暦では「神無月(かんなづき)」と呼ばれる10月。
通説では全国各地の神々(八百万)が島根の出雲大社に集まるため、神が不在となるので「神、なし、月」で「神無月」とする説は皆様もよくご存じかと思います。
ただこれは当て字とする説が有力なようで、このほかの説として、翌月の新嘗祭(五穀の収穫を祝う重要な神事)の準備として収穫したばかりの米で新酒を醸す意味の「醸成月(かみなんづき)」とする説が有力なようです。他、「神の月」や雷シーズンの終了を意味する「雷なし月」とする説もあるようです。

秋風に変わり心地よくなってきましたが、既にインフルエンザが流行しているようです。
体調管理にも気を付けてお過ごしくださいね。
それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2018/10/02   投稿者:永冨 和香子