日記

DIARY

今日も元気にアンティより永冨です(*´ω`*)コンニチハ

ちょっぴり不安定なお天気が昨日より続いている宮崎市ですが、ニュースを見ておりますと連日、猛暑の話題にふれております。お盆頃までは気温の高い日が続きそうと、天気予報の中で紹介されておりました。
熱中症対策と同時に暑さ対策もしっかりととりながら今年の夏を乗り越えたいですね。

ということで、本日は簡単に涼しくなる方法をご紹介します。
先ず、ケーキなどを購入した際についてくる「保冷剤」。実際にされている方も多いかもしれませんが、冷凍庫で凍らせた保冷剤をタオルやハンカチに包み、首や左右の脇の下に巻いておくと体が涼しく感じられます。これは首やわきの下に太い動脈が走っており、この部分を冷やすことで冷えた血液が全身に巡り、体温が低下すると考えられます。汗をよくかく子供をチャイルドシートに座らせる場合にも有効的ですのでお試しください。

次に、お風呂上りです。汗を流してサッパリしたのに、入浴後は体温があがりますのですぐに汗をかいてしまって・・・そんな時は、最後に足を冷水いつけてから上がると、一時的に皮膚表層の血液量は増え汗は出ますが、全体での汗の量を減らすことができます。

そして食する事から体温を下げる、ということでスイカやきゅうり、冬瓜などウリ科の野菜やトマト、なす、とうもろこしなどの夏野菜がおススメです。特に冬瓜は漢方薬にも用いられるほど利尿作用があると考えられ、むくみ取りや夏バテ対策におすすの食材です。

他にも、2ヶ所以上の窓をあけ風通しを良くしたり、朝や夕方に打ち水をしたり、青系のインテリアで見た目から涼感をアップさせてみたりと、色々な方法がありますのでお試しになってみてはいかがでしょうか?

ただしあまりにも暑さが厳しい時にはエアコンなどを使用して熱中症などにならないように気を付けましょうね(・∀・)b

週末も元気に営業のアンティより永冨でした(*'ω'*)ノシ{素敵な週末を~♪

投稿日:2018/07/21   投稿者:永冨 和香子

こんにちは(・∀・)
今日も元気にアンティよりナガトミです!!

さてお昼頃からお天気が崩れだした宮崎市ですが、これも沖縄方面に接近中の台風の影響でしょうか?
週間的でも週末にかけて雨や曇りとなっておりましたので、暑さ休めの雨となれば良いのですが・・・

さて宮崎では早くも早期水稲の初出荷がありました。
宮崎県南部の串間市では先週に超早場米の収穫が行われ、出荷前の品質検査ですべて1等だったそうです。
美味しい早場米のお米が出荷されましたので、暫くすると店頭にもならび早々と新米を召し上がることが出来るかもしれませんね(・∀・)b

そして本日20日は「土用丑の日」です。
以前にブログでも丑の日についてご紹介しておりますが、改め。
「土用」とは立夏・立秋・立冬・立春直前の約18日間の期間を表すもので、昔の暦は日にちを十二支で数えておりましたが、土用の丑の日とは土用の期間におとずれる丑の日の事を示しています。

丑の日といえば鰻ですが、古くは万葉集の中にも出ておりますのでかなり古い時代から食されていたとされます。しかし一般に広まったのは江戸時代でした。
エレキテルでおなじみの平賀源内が『「本日丑の日」土用の丑の日うなぎの日 食すれば夏負けすることなし』と看板を立てたところ大繁盛したのがきっかけでした。

実は鰻以外にも丑の日にちなんで「う」のつく食べ物や、鰻に似た「黒い」食べ物などもいいそうです。
例えば、うどん・瓜・梅干し・馬肉(うま)・牛肉(うし)・海苔・昆布など。いずれも栄養価が高く、食欲がなくても食べやすい食材が殆どです。
今も昔も変わらないのは「暑い夏場の季節を栄養のあるものを食べて元気をつけよう!」という事。

既に猛暑の続く日々ですが、鰻に限らず、しっかり食事をとってこれからの夏本場を乗り越えましょうね!!
それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2018/07/20   投稿者:永冨 和香子

こんにちは。
今日も元気にアンティのナガトミです(*'ω'*)

さて七夕以来の更新となりました<(_ _)>スミマセン
気付けば宮崎を含む九州南部も梅雨明けし、同時に真夏のような暑さが毎日続いております。
テレビを見ておりますと、連日の猛暑に熱中症等で救急搬送される方が多数おられるとのこと、どうぞ皆様方も水分・塩分をしっかりとって、少しでも体調に変化があるときは医療機関の受診などされてくださいね。

ところですでにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、弊社ホームページがリニューアルしました。
PCだけでなくスマートフォンからの閲覧も以前よりもさらに見やすく、検索しやすくなっております(*'ω'*)
皆様方のお部屋探しのお供に、これからもアンティをどうぞよろしくお願いいたします(*^^*)

さぁ夏本番を迎えた7月も半月が過ぎました。
各地では週末ごとにお祭りや花火大会などが行われる予定ですので、熱中症対策をしっかりととって、楽しまれてくださいね(^_-)-☆素敵な夏の思い出が沢山できますように!!

それでは(^◇^)ノ

投稿日:2018/07/18   投稿者:永冨 和香子

こんにちは。株式会社アンティの永冨です。
朝から雨が続いておりますが、西日本や東日本ではこれまでに記録的大雨により、土砂災害や河川の増水・氾濫が確認されております。大雨の降っている地域では地盤が緩んでおり、今後も引き続き土砂災害などに十分に警戒g必要とニュースでも伝えられております。
また昨日、気象庁より大雨による特別警報が発令されました。これは警報の発表基準をはるかに超える、数十年に一度の大災害が起こると予想される場合に発表されるもので、周囲の状況や市区町村から発表される避難指示・避難勧告の情報を確認し、命を守る行動をとります。

今回の大雨の場合、土砂災害や河川の氾濫、浸水などに警戒が必要となります。
防災サイトで紹介されておりました、各災害の予兆と対応策をご紹介いたしますので参考にしていただければと思います。

先ずは「土砂災害」。
予兆としては・・・
・自分の居る地域で豪雨・長雨が続いている。
・渓流の水が濁り、木が流れたり土臭い臭いがする。
・渓流の水位が急に減少する。
・斜面から物音がする、或は、何かが落ちてくる、水が浸みだす。
・地面に亀裂や段差が生じる、木が傾いたり、地面が揺れる。
・地鳴りがする。
・いつもと違うことが起こる。
などがあります。一つでも当てはまる場合、土砂災害の危険がありますので注意してください。
近年では再開発された都市部での土砂災害なども増えております。山間部に限らず、斜面に近いところでは気を付けてください。

次に水害です。河川氾濫の予兆は豪雨や長雨が続いていること、内水氾濫の予兆は豪雨が続いており、記録的短時間大雨情報が発表されている、大雨警報・注意報が発表されている、雷注意報が発表されているがポイントです。
水害の場合、避難できる場合は避難を早めにする事が一番ですが、特に内水氾濫の場合は短時間で起きますので、浸水深が浅い場合でも、水の流れによっては歩行が困難となり、高齢者や子供には危険です。屋外避難ではなく、自宅や頑丈な建物などの高い場所へ垂直避難をしましょう。(2階以上に避難をする)
今回の大雨は8日かけて降り続く予報となっております。テレビ・ラジオ・インターネットなど、最新の情報を確認され、既に警報や避難準備などの指示が出ている地域では早めの準備、或は避難をしてください。

週末も元気に営業のアンティではございますが、ご来店予定のお客様は交通機関や道路状況に気を付けてお越しくださいませ。
それでは(´・ω・`)ノシ

投稿日:2018/07/07   投稿者:永冨 和香子

台風の後の青空って爽やかですよね(*^-^*)
こんにちは。アンティの永冨です。

昨日は終日、台風7号の影響で大雨・強風でした。今朝、店舗外の窓には雨が打ち付けられた跡が残っており、白い壁もどことなくまだらでしたので拭き上げしました(;^ω^)

さて7月に入りましたが、7月の旧暦は「文月(ふみづき)」です。
文月の由来は諸説ありますが、「文被月(ふみひろげづき、ふみひらきづき)」が短くなって「文月」になったとされます。因みに、「文被月」は「文(ふみ)を広げて晒す月」という意味があるそうです。
他にも、中国では七夕に書物を虫干し(天日干し)する習慣があり、「文開く月(ふみひらくつき)」と呼ばれていたのが「文月」になったという説や、収穫間近の稲穂にお米が含まれることから「穂含み月(ほふくみづき)」や「含み月(ふくみづき)」と呼ばれていたのが「ふづき」になった節などもあります。

今週土曜日が七夕ですので、すでに笹飾りをしている所もあります。
息子の保育園でも今週末は納涼祭を行うのですが、保育園から星形の短冊を持って帰ってきました。
お願いごとは?と聞くと「消防士になりたい!!」と。夢が叶うよう大きく書いて持たせました(*^^)

子供の短冊を書きながら、自分の小さいころの夢を思い出しておりましたが、ピアノの先生やお菓子屋さんになると言っていたような気がします。
皆様はいかがでしょうか?また今ならどんなお願い事を書きますでしょうか?

笹の葉に願いをのせて、皆様の願い事が叶いますように(*^-^*)

明日5日は木曜日の為、弊社定休日でございます。
金曜日よりまた元気に営業いたしますので宜しくお願い致します(・∀・)g

投稿日:2018/07/04   投稿者:永冨 和香子