日記一覧 | 宮崎市周辺の不動産をお探しなら株式会社アンティにお任せ下さい。

株式会社アンティ

0985-89-0661

営業時間|10:00~19:00 定休日|毎週木曜日

日記

こんにちは(*´∀`*)ノ

曇り空の宮崎市よりアンティの永冨です。
ここ最近朝晩の気温と昼間の気温差で体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?
永冨は毎度季節の変わり目好例行事となりました「変声期」を迎えました(;^ω^)
体調管理が出来てない証拠でもあるんですよね(;´・ω・)
ウガイ手洗いをしっかりとしないとダメですね(;^ω^)

さてタイトルの「新燃岳」ですが、今月10月11日に6年ぶりの噴火をし、そして今朝再び噴火し、火口から2300mまで上がったと今朝速報で出ました。
現在、噴火警戒レベル3:入山規制となっており、この規制は火口から居住地域近くまでが対象となっています。が、えびの高原や生駒高原などにはお出かけ可能ですので、紅葉の秋を楽しんでみてはいかがでしょうか?

現在、霧島連山麓の生駒高原ではコスモスが満開となり見頃です(*^^)b
降灰はあると思いますのでマスクの着用と帽子などの着用で降灰対策を取ってお出かけくださいね♪

さてお話しは変わりますが、明日15日「世界手洗いの日」となっています。
2008年(H20)からUNIICEFや世界銀行などからなる「せっけんを使った手洗いのための官民パートナーシップ」が実施しております。

さて手洗いの時間ですが、皆様はどのくらいの時間洗ってますか?

某せっけん会社のサイトにありましたのが「30秒」でした(*'ω'*)b
ポイントとして3つあり、
①しっかりとせっけん液を泡立てることで、手全体や手のしわなどにせっけん液がいきわたります。
②「せいけつ手洗い」を行うことです。この洗い方で30秒かかるそうでして、この30秒洗いを身につけるために砂時計やタイマーを置いて実施してみましょう。
③2回洗いを実施する事で、ウィルスの除去効果があるというデータもあるそうです。特に冬場のウィルス流行時など、トイレ後の2回洗いの実施はオススメです。

季節の変わり目、風邪やその他の感染症がこれから流行し始めますので、予防対策としてこのせいけつ手洗いをやってみるのもいいのではないでしょうか?
永冨も実践して体調管理に気を付けます!!

それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2017/10/14    投稿者:永冨 和香子

(*´∀`*)コンニチワ~♪

ご無沙汰しております。アンティの永冨でございます。
昨日のお天気とは打って変わっての好天気・・・と思ったら雲が広がりはじめた宮崎市内です。
昨日は満月だったのか、帰宅途中に見た月の大きさに驚きましたが、皆様はご覧になられましたか?

気づけはあっという間に10月。
10月の和暦は「神無月(かんなづき)」ですが、諸説ある中でも一番知られているのが、八百万の神々が出雲の地に集まる為、“神がいない月”で“神無月”となった説です。が、これは意外と弱い説のようで、翌月の新嘗祭の準備として収穫したばかりのお米で新種を醸成する月“かみなんづき”や、雷シーズン終了の“雷なし月”や“神の月”などが有力なんだそうです。

さて2学期制を取り入れている学校では「秋休み」が始まったようです。
約1週間ほどの短期休みですが、子供たちにとって楽しみなお休みのようです(*'ω'*)
また週明け月曜日がハッピーマンデー法に伴う「体育の日」となりますので三連休。ということで連休中の方も多いのでないでしょうか?

お出かけをご予定されている皆様は、どうぞお気を付けて行かれてくださいね(*^^)b

各地ではお祭りやイベントが催されるようですが、宮崎では今年14回目となる「みやざきフェニックスリーグ」が10月9日(月・祝)~10月30日までの22日間、宮崎県内の球場で開催されます。
秋季教育リーグ戦の一環として行われるフェニックスリーグですが、参加チームはイースタンリーグから7チーム、ウエスタンリーグから5チーム、韓国プロ野球から3チーム、四国アイランドplus選抜チームの全16チームとなっており、試合数は全144試合、全てが無料で観戦する事ができます。

宮崎市内ですと、サンマリンスタジアムや生目の杜、また日南市や日向市、西都、綾など複数の会場に分かれておりますので、Webで「みやざきフェニックスリーグ」と検索されるか、宮崎市観光協会のHPより特別サイトへのバナーがありますのでそちらから試合日程なども含めてご確認くださいね(*^^)

さてさて永冨家は明日、保育園の運動会です。
毎年、親子競技や親子ダンスがあるのですが・・・日ごろの運動不足を発揮する場となっている運動会(;^ω^)
子供についていくのが精いっぱいです・・・
が、子供の為に頑張ってきます!!(筋肉痛は必須です(笑))

アンティは日曜、祝日も元気に明るく営業しておりますので、お部屋探しを検討中のお客様、FacebookやインスタグラムなどWebで気になる物件を見つけたお客様のご来店を心よりお待ちいたしております。
尚、スムーズにご案内をさせて頂けたらと思いますので、一度、お電話にてご確認下さいヾ(≧▽≦)ノ

それでは季節の変わり目、朝晩がだいぶ冷え込んでおりますので体調管理に気を付けて、風邪など召されませんようにo(*^▽^*)o~♪

投稿日:2017/10/07    投稿者:-

こんにちは(*'ω'*)
午前中は激しい雨が降っておりましたが、今は曇り空の宮崎市よりアンティの永冨でございます。

昨日、一昨日は衝撃的なニュースが飛び込んできましたが、安室奈美恵さんが一年後となる2018年9月16日で引退されることを発表されました( ノД`)シクシク…
一時代を築き、社会に大きな影響を与えたアーティストで、私が高校生時代にアムラー現象なるブームが起きました(*'ω'*){あぁ…懐かしい…

引退後の動きをメディアでは色々とリサーチして特集しておりますが、憶測での情報を伝えるのではなく静かに見守るように1人の人間として大切な1年を過ごして頂いて、引退後は追いかけて欲しくないなぁという一個人の意見です。

さて話は変わりますは9月23日は「不動産の日」との事。
語呂合わせで「ふ(二)どう(十)さん(三)」からだそうです。

不動産屋に勤務しときながら不動産の歴史を知らなかったのでちょっぴり調べてみましたが、不動産が日本の歴史の中で、本来の農耕からの収穫や日常の生活以外にも権力や、国の統治、税制など様々な意味を持って活用されていることを知ることができました。ということで、今日は不動産の歴史をご紹介いたします。

そもそも日本における土地の歴史の始まりは西暦300年~500年の豪族や貴族が土地を縄張りとしてとらえたことから始まるそうです。

645年
中大兄皇子、中臣鎌足が蘇我氏を倒した「大化の改新」により天皇を中心とした国作りを進めました。これにより土地は「公地」となりました。

743年
墾田永年私財法が定められたことにより、土地の「私有」が認められました。この“私有地”が「荘園」です。

1580年
豊臣秀吉が太閤検地を行い、荘園が消滅しました。これにより土地は「大名が管理」することになりました。

1603年
徳が家康が幕藩体制を築き、乱世が終焉、商業が発展しました。これにより都市部に人口が集中し、長屋が出来ました。この“長屋”が今でいう賃貸住宅ですので不動産業の誕生と言えます。

1867年
大政奉還により明治の幕開けとなります。明治6年には地租改正が実施され、これによって土地に対する税は「物納→金納」「耕作者→所有者」へと変更されました。

1880年~
産業の発展により不動産という言葉が生まれました。不動産賃貸・売買・金融担保など活性化し仲介業が始まりました。

1910年
上野に木造洋風5階建ての今でいう「マンション」が建ちました。これが初めての集合住宅です。

1916年
長崎市端島(通称:軍艦島)に日本初の鉄筋コンクリート住宅が建ちました。その後、東京や横浜にも建ち始めました。

サイトより抜粋してご紹介しましたが、日本の歴史は学生時代に学んでいましたが、その歴史と不動産の歴史が関係していることを改めて知ることが出来て、また一つ勉強になりました。

今日は長々と書いてしましたが、最後までお読み頂きありがとうございました(*'ω'*)

明日は祝日ですが、アンティは元気に営業いたしておりますので、お部屋探しを検討されているお客様のご来店をお待ちしております( *´艸`)
また電話やメールでのお問い合せもお待ちしておりますので、お気軽にお問い合せ下さいね(*^-^*)

それでは素敵な週末をお過ごしください♪

投稿日:2017/09/22    投稿者:永冨 和香子

こんにちは(*'ω'*)
本日9月20日は彼岸入り。

昨日のブログでもご紹介しました「秋分の日」を挟んだ6日間が秋のお彼岸となります。
【彼岸】とはサンスクリット語の「パーラミター」の漢訳「到彼岸」の略とされています。
もともと仏教では、私達の済む世界を“こちらの岸”、三途の川を挟んで、ご先祖様が済む世界を“あちらの岸”と考え、“こちらの岸”を「此岸(しがん)」、“あちらの岸”を「彼岸」と呼ぶそうです。

また極楽浄土は西の彼方にあるとされているため、太陽が真西に沈む春分・秋分にお墓参りや先祖供養を行うようになったとされます。これについては仏教にはない習慣で日本独自のものとされ、中日に夕日を拝むと功徳があるとも言われます。

この秋のお彼岸頃となりますと、不思議と「彼岸花」が開花始めます。
原産地が日本・中国であるヒガンバナ。別名は多様にありリコリスや曼珠沙華という名称はよく聞かれます。
開花時期が7月から10月頃とされ、花言葉には「情熱・独立・再開・あきらめ・転生・悲しい思い出・思うはあなた一人・また会う日を楽しみに」などがあります。

気候的に秋めいてきた今日この頃。
ヒガンバナを愛でて秋の一時を過ごしてみるのもいいのではないでしょうか?

それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2017/09/20    投稿者:永冨 和香子

(*´∀`*)コンニチワ~♪

週末は台風18号の接近・上陸となりましたが、各地で大雨や突風の被害を受けられたところもありました。
心より御見舞い申し上げます。台風が過ぎた後の気温の上昇により昨日、本日と暑くなっておりますので熱中症などにも十分にお気を付け下さいね。

さて今週末23日?は秋分の日ですね。
「先祖を敬い、亡くなった人を偲ぶ日」として秋分の日が制定されたそうです。
元々、明治時代に秋季皇霊祭として一般的に広まっており、春の春季皇霊祭と共に歴代天皇・皇后・皇親を祭る儀式が行われていたそうです。その後、昭和に入ってからこれらが「春分の日」「秋分の日」となり国民の祝日となったとの事です

またこの時期といえば「お彼岸」でお墓参りに行かれる方も多いのではないでしょうか?
お墓やお仏壇などにおはぎをお供えされるご家庭も多いと思いますが、春は「ぼたもち」秋は「おはぎ」と呼ばれるあんこで包まれた食べもの。実は呼び方が違うだけで同じものです。

お供えする理由として、小豆の赤い色には魔除けの効果として邪気を払う説や、米の種まきを始める春の彼岸と、それを収穫する秋の彼岸の時期ということで収穫の感謝を伝える説とありますが、実際にはその説が有力であるかはハッキリとしていないそうです。

週間天気を見ておりますと、23日は曇りの予報となっております。
お出かけされます方は、どうぞお気を付けてお出かけくださいね(*^^)

それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2017/09/19    投稿者:永冨 和香子