追い込み時期ですね

こんにちは。

青空が広がり見た目にはすがすがしいお天気ですが、吹く風が冷たく東日本や西日本の一部に影響を及ぼしている寒波の影響かと感じる今日この頃。皆様はいかがお過ごしでしょうか?
ご無沙汰しております<m(__)m>永冨です。

今季最も強い寒波の影響で、東北から西日本の日本海側などでは大雪が続いているようです。この影響はこれから16日に掛けて冬型の気圧配置がさらに強まり大雪等が予想されるとの事で、気象
庁などでは警戒を呼び掛けているとの事。
お出かけ予定の方は十分にお気を付け下さいね(;´・ω・)

さて本日から大学センター試験が始まっており、日程は明日までとなっております。
学生の皆様にとっては、いよいよ追い込み時期ということで、このセンター試験を皮切りに、高校や中学の入試試験なども始まりますので、これまで頑張ってこられたことを全力で出し切って頂きたいなぁと思っております(*^-^*)q

この時期に限らずではありますが、前職でもよく参拝致しましたのが菅原道真公をお祀りしております太宰府天満宮です。
福岡県太宰府市にありまして、古くはこの大宰府の地に九州地方を統治する役どころが置かれていたとされています。
幼少期から類まれなる才能の持ち主であった道真公は、わずか5歳にして和歌を詠まれるなど「神童」と称されたそうです。

幼少期につくったとされる漢詩に
『月夜見梅花
月耀如晴雪 梅花似照星
可隣金鏡転 庭上玉房馨』
(月の輝きは晴れたる雪の如し
梅花は照れる星に似たり
憐れむべし 金鏡転じ
庭上に玉房の馨れることを)

意味として・・・
『今夜の月の光は、雪にお日さまがあたった時のように明るく、その中で梅の花は、きらきらと輝く星のようだ。
なんて素晴らしいのだろう。
空には月が輝き、この庭では梅の花のよい香りが満ちているのは。』

・・・(o´_`o)ハァ・・・なんて素敵な文才をお持ちの方だったのでしょう。永冨にはとても無理です・・・

文武で名をはせた道真公はのちに出世し右大臣に任じられました。しかし時の左大臣・藤原時平の政略により、身に覚えのない罪によって大宰府へと左遷されたのです。

大宰府の地では衣食もままならぬ厳しい生活を強いられたそうですが、皇室の安泰・国家の平安・自身の潔白をひたすら天に祈り、誠を尽くされたそうです。
その姿をみて女性の民人が毎日、焼いた餅とお茶を差入ていたそうです。道真公は深く感謝し頂かれたと言われますが、しかしながら延喜3年に静かにその生涯を閉じられました。

餅を差し入れた女性は道真公を悼み咲き始めた梅の枝に餅を供えて弔ったそうですが、これが現在、大宰府の名物となった「梅ヶ枝餅」と言われます(*^-^*)

道真公の亡骸を牛車に乗せ運んでいると、牛が立ち止まり座り込んでしまったそうです。付き人は「道真公のお告げに違いない。」とその場に葬り弔ったそうですが、それが現在の天満宮の場所とされています。

因みに太宰府天満宮の境内には銅牛や石牛など牛の像が数多く奉納されておりますが、これは道真公のお生まれが承和12年の丑年生まれで、牛車で大宰府の地に来られ、その亡骸を牛車で運ばれたと、牛とのご縁があることから「御神牛」として、頭を撫でると知恵が授かるとされているそうです。

これからですと梅の見どころとしても知られていますので、足を運ばれてみてはいかがでしょうか?
永冨のお勧めは大宰府で最初に花を咲かせるといわれる「飛梅」の梅干しが参道の梅専門店で取り扱われています。一粒が大きく、お値段も少々いいのですが(一粒から販売されてます。)、道真公にゆかりのある飛梅だけになんだか御利益がありそうですよね(*^-^*)
大宰府にいかれた際は探してみてくださいね(*^-^*)b

今週末から来週にかけては宮崎も冷え込むようです。
皆様も体調管理に気をつけてお過ごしくださいませ!!

受験生の皆様!!暖かい春に向けてもうひと踏ん張り!!
顏晴って(がんばって)下さいね!!

それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2017/01/14   投稿者:-