九州南部が梅雨入り

昨年よりも5日早い梅雨入りとなりました。
こんにちは。アンティの永冨でございます。

本日、九州南部地方が梅雨入りした模様と気象庁より発表がありました。
朝から雨の宮崎市、習慣的予報でも暫くは傘マークが続いておりましたので、梅雨らしい気候が続きそうです。

ここ最近のブログでは梅雨に関するお話をご紹介してましたが、本日は“だるおも”と感じる体調不良の予防となる食べ物をご紹介いたします。

さて梅雨時期になると雨が降るために湿度も高く、それにより体や頭の重だるさ、むくみや食欲不振などが起こりがちです。また、蒸し暑さが加わると、ついつい冷たいものを食べがちですが、それにより胃腸が冷え弱ります。これらによって体調が崩れやすくなるのですが、予防として、まず冷たいものを摂りすぎないように気を付けます。例えば、ビールをはじめとするアルコール類や生もの(刺身・生サラダなど)、甘いもの(お菓子やアイス)です。体調がちょっと・・・と不調を感じる時はいつもより少なめを意識してみるといいそうです。

併せて、胃腸を元気にする食材を摂るとより効果的です。
その食材は次の通りです。

胃腸を温め、湿気を動かす・・・香辛料(山椒・黒胡椒・シナモン・唐辛子など)ネギ、シソ、等
胃腸の湿気を取り、利尿を促す・・・豆類(さやいんげん・そら豆など)、トウモロコシ、等
発汗を促す・・・生姜、香味野菜(パクチー、シソ、ネギなど)、香辛料、等
利尿を促す・・・緑豆もやし、瓜科の野菜(キュウリ、スイカなど)、豆類、海藻類、等
気の巡りをよくする・・・タマネギ、ピーマン、香味野菜、等
湿気を動かす・・・きのこ類、海藻類、タマネギ、ダイコン、等

冷たいものよりも暖かいものや辛いもの(香辛料を使った食べ物)を摂り、発汗・利尿を促すことで体外に排出させることによりスッキリできるようです。

気分がどうにも・・・と体調の不調を感じた時には一度お試しくださいませ。
それでは~☆

投稿日:2018/05/26   投稿者:-