日記

DIARY

こんにちはヾ(≧▽≦)ノ今日も元気に永冨がブログを綴りまーす♡

さて今朝テレビをみておりましたら、“日本新三大夜景都市の再認定・発表が10月5日ありました。”との話題が出ておりました。
日本三大夜景や世界三大夜景というブランドは、いつ誰が決めたものか定かでないそうです。
2012年「夜景サミットin長崎」にて「モナコ・香港・長崎」が「世界三大夜景」として認定されて以降、長崎市では廃業寸前の稲佐山ロープウェーが驚異的な来場者増を記録し、長崎市の夜景による経済効果は単年で150億円以上生み出すなど、「世界三大夜景」のブランド認定による大きな経済効果をもたらしました。
さらに2015年、新たな日本ブランドとして国内外への発信・普及と、夜景観光の活性化を目的として「日本新三大夜景都市」が誕生し、こちらも各都市で大きな集客効果・経済効果をもたらしました。

今年2018年は3年に1回の再認定の年でしたが、この選出方法は、全国約5542名の夜景鑑定士の有資格者に対して、1位から3位までを選出するアンケートを実施。投票された各都市とランキングをポイント別に集計して決めるそうです。

今回の再選出では1位に長崎市、2位に札幌市、3位に北九州市が選ばれました。昨年3位でした神戸市は4位という結果でした。
長崎市は、近年の積極的な夜景観光に関する取り組みが評価されたと同時に、世界新三大夜景認定を発端とした観光集客増、長崎夜景ブランドの全国的認知の向上が、この結果をもたらしたようです。
札幌市は、藻岩山をはじめ、大倉山、札幌テレビ塔、旭山記念公園など眺望施設も豊富で、「北海道ならでは澄み切った空気の中で眺める大パノラマは見事」「駅上のホテルの客室からの眺めは絶品」、「さっぽろホワイトイルミネーションや白い恋人パークなど、夜も楽しめるイベントも豊富」など多くの意見を集めました。
今回3位に選ばれた北九州市は、「工場夜景ブーム」を行政が効果的に活用し、様々な商品を生み出しながら継続的なプロモーションを行っている点が評価を受けたようです。また、「小倉イルミネーション」「北九州アイアンツリー」など、光演出の豊富さも都市の人気や魅力を向上しています。皿倉山、高塔山、足立公園、門司港レトロなどの視点場も豊富ですので、今後さらなる上位の可能性も秘めている都市と言われます。

これから季節は冬へと移り変わっていき、イルミネーションの季節ともなりますので、少し足を伸ばして、夜景観賞の旅行にお出かけになってみたり、また宮崎市内でも平和台公園や大塚台などの高台から宮崎市内の夜景を眺めてみるのもいいのではないでしょうか?

それでは(*´∀‘*)ノ″マタネェ

投稿日:2018/10/30   投稿者:-

今日もさわやかな秋晴れのお天気で過ごしやすい一日となっております。
こんにちはヾ(≧▽≦)ノアンティの永冨です。

さて昨日ですが、二十四節気の一つ「霜降(そうこう)」でした。
朝晩の冷え込みがさらに増して、北国や山里では霜が降りはじめるころとされ、露が霜に変わり、だんだんと冬が近づきます。野の花の数は減り始め、代わって山を紅葉が飾る頃となります。二十四節気の秋はこの霜降まで。次は「立冬」ですので、いよいよ冬の季節が到来します。

さてタイトルの「神武さま」は、ここ数年こちらのブログでもご紹介しております「宮崎神宮大祭」のことです。例年ご紹介しておりますが、神武様を自分のお宮として信仰してきた町民が、お宮までの道のりが遠く、親しくお参りすることができないため「せめて1年に1度、御神幸を願って一家をあげて心行くまで拝ませてください。」という嘆願書を提出したのが始まりで、現在のような形式となったのが、明治42年頃からとされます。

今年は今週末の27日土曜日と28日日曜日の二日間行われます。今年の御旅所は偶数年ということで大淀となっており、御神幸の御獅子や御鳳輦、稚児行列等が続いた後に、神賑行列に古代船「おきよ丸」や花嫁姿の艶やかな「シャンシャン馬」等が練り歩きます。

宮崎神宮のご祭神は「神武天皇」ですが、神武天皇は幼少の頃“サノノミコト”と申されました。その後、宮崎の宮で天下の政(まつりごと)取っておりましたが、45歳の頃に「東征の軍議」をご決定になり、奈良の橿原の宮へと向かわれました。この時、現在の日向市美々津より船で御出帆されるのですが、その時に乗船した船が「おきよ丸」と言われます。また日向市美々津では旧暦8月15日頃の早朝に、玄関先を笹で叩きながら「おきよ、おきよ」とまわる『おきよまつり』が行われています。

宮崎は神話の故郷といわれるだけ、県内各地に神話にまつわる場所やお話しがあります。
今週末は神宮大祭の行列に神話の風を感じてみてはいかがでしょうか?

明日25日は木曜日の為、弊社定休日となっております。
それでは(*´∀‘*)ノ″マタネェ

投稿日:2018/10/24   投稿者:-

こんにちは(o^□^o)ノ秋晴れのさわやかお天気の宮崎市です。

さて私事なのですが、昨日、免許更新に一ッ葉の宮崎免許センタ―に行ってまいりました。
建物が新しくなってから初めてだったのですが、以前よりもスムーズに更新手続きが出来ましてあっという間に更新講習のお部屋まで通されましたヾ(≧▽≦)ノ

この更新講習では新しく改正された内容や交通安全に注意すべきことなどのお話しがあるのですが、この中で先日、日本損害保険協会が発表した「危ない交差点ランキング」について話があったのですが、このランキングは事故件数の多い順に全国ワーストランキングが発表されるそうでして、実はこの中に宮崎市の交差点が含まれておりました。

まず全国ワースト5ですが、1位が福岡市・新二又瀬橋交差点、宮崎市・江平五差路交差点、3位が東京都・熊野町交差点、4位が大阪市・西本町交差点、5位が札幌市・国道5号新川通交差点となっておりました。
この日本損害保険協会のサイトでは個別に危険な交差点を見ることが出来るのですが、宮崎県に絞ってみると、1位・江平五差路交差点、2位・新名爪交差点、3位・デパート前交差点、4位・南花ヶ島交差点、5位・宮崎市役所前交差点となっておりました。

いずれも、事故などがあった際に新聞やテレビでよく聞く交差点名なのですが、特に多いのが追突事故、次に左折事故が多いそうです。講習担当の方のお話しでは、宮崎は特に「漫然運転」が多く、全国からも運転マナーが悪いといわれているそうです。

秋は特に交通事故が増える季節とも言われます。事故発生時間帯は16時~18時が最も多く、理由としては帰宅時間帯にあたり交通量や人の出入りが多くなる事と、日が沈んで暗くなる頃の為だそうです。
いわゆる「魔の時間帯」でして、夏は日没から約2時間かけて、ゆっくりと夜になりますが、秋は日没後約1時間半で夜を迎えます。急激に暗くなる秋は特に注意が必要なわけです!!

運転する側も、常に歩行者や二輪車などの走行に注意し、わき見やスマートフォン操作などのながら運転をしないように気をつけると同時に、歩行者などは暗くなる時間帯の外出は、明るめの色の服装にしたり、反射材を着用するなど遠くからも存在を認識してもらえるように工夫する事も大切です。

お互いがお互いを思いやることが交通安全への第一歩かもしれませんね(*^-^*)
それでは(*^-^*)ノシ

投稿日:2018/10/19   投稿者:-

爽やかな秋晴れの宮崎市よりアンティの永冨です(*ノωノ)コンニチワ

最近はだいぶ朝夕が冷え込んで寒く感じることが増えましたよね。
我が家でもようやく毛布がお目見えしました(;^ω^)
テレビでも、この冷え込みや好天により山間地や盆地地域では「雲海」が見られたという話題にも触れておりました。宮崎ですと、高千穂町の国見ヶ丘や都城市の金御岳、えびの市のループ橋などが有名です。

そしてこれからのお楽しみが「紅葉」です。
紅葉については以前にもご紹介いたしておりますが、紅葉の条件として「日当たり・寒暖差・湿度」が揃うことで美しい紅葉を見ることができるといわれます。
一般的には最低気温が8℃より下がると紅葉が始まり、5~6℃になると色づきがいっきに進むとされ、昼間と夜間の気温差が15℃あると美しい紅葉を見ることが出来るそうです。

春の桜前線と同じように紅葉前線というものもあり、春は南から北に、秋は北から南にと進みます。
移動の速度は桜の時で時速2㎞程度、人がゆっくり歩いた時の速度、秋の紅葉は時速1.1㎞程度、1日で約27㎞の移動だそうです。

これから一段と寒暖差が大きくなりますので、紅葉の話題も増えることと思いますが、宮崎県下であれば高千穂町の高千穂峡や日之影町の見立渓谷、えびの市のえびの高原などが代表的な紅葉の名所です。また宮崎市内ですと、平和台公園や加江田渓谷などもおススメです。

宮崎では例年10月下旬ごろから場所にはよりますが11月中旬ごろまで紅葉を楽しめますので、ドライブやハイキングをかねてお出かけになってみてはいかがでしょうか?

さて明日18日は木曜日の為、弊社、定休日となっておりますのでよろしくお願い致します。
また、今週末日曜日21日には弊社近くに建築中の新築「ラフィーナパレス宮崎」のミニモデル見学会を行いますヾ(≧▽≦)ノ時間は午前10時から午後5時(17時)まで、現場にスタッフが常駐しますので、現地にご来場ください!!

それでは(*´ω`*)ノシ

投稿日:2018/10/17   投稿者:-

ご無沙汰しておりました。
アンティの永冨です。

さてここ数日、南国宮崎もググッと冷え込んだりしておりますが、北海道では9月20日に初冠雪となった旭岳に続き、利尻山で初冠雪を観測したと発表が週明けにありました。
全国各地、これから秋が一段と深まり紅葉の話題も多く聞かれるようになるんでしょうね(*^-^*)

そんな秋は「睡眠習慣」を改善するにピッタリの時期なんだそうです。
夏は日没後もさほど気温が下がらず、朝からは既に暑い・・・というわけで、多くの方が睡眠不足になりがちです。そんな夏に乱れた睡眠週間をリセットせずに過ごすと、秋バテを引き起こしてしまう原因ともなります。
夏の疲れを引きずらない為にも、秋に睡眠習慣を見直す事が大切なんだそうです。

ではなぜ秋がいいのか?というと・・・
「夜が長い」「環境の変化が少ない」「運動が始めやすい」
というのが挙げられます。

先ず「夜が長い」ですが、睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの分泌は、光によって調節されるそうです。
秋は日没が早く、夜の時間が長くなるため、夏よりもメラトニンの分泌が促進されます。秋の夜長についつい夜更かししがちではありますが、あえて早く眠ることを心がけると、自然な質のよい睡眠をとることが出来るそうです。

次に「環境の変化が少ない」ですが、似たような「春」ではダメなのか?
確かに気候の似ている「春」ですが、春は環境の変化が起きやすい季節の為、精神的にも負担がかかりやすいので、この時期の睡眠習慣の改善は難しいとされます。

最後に「運動が始めやすい」ですが、日中も過ごしやすく、就寝時の気温や湿度も安定しているのが秋です。夏に運動を始める方は少ないと思いますが、今の時期であれば運動やスポーツを始めやすいので、体を動かして質のよい睡眠につなげましょう。

秋という季節を活かして、睡眠をはじめ生活習慣をみなしてみるのもいいかもしれませんね。
それでは(*^-^*)ノシ

※ウェザーニューズより抜粋して紹介いたしました。

投稿日:2018/10/16   投稿者:-